FC2ブログ
WCCF > 乾為天

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

乾為天

ブログのタイトル『日記とか雑記とか(゜∀。)たまにWCCF』ですよ。

たまに・・・たまに??

主にWCCFのブログになっていますがご了承ください(´・ω・`)


前置きはそれくらいにしておいて昨日もけってきたのでご報告を。

大学の最寄りのゲーセンにいつもの友人と向かったのですがまさかの満席。
まあ冬休みが始まったのでしゃーないっちゃしゃーないですね。

昼飯も購入して万全の状態でいったので若干落ち込みながらも次のゲーセンへ。
そこは俺が初めて全冠したゲーセン(だったはず)、友人は昔よく蹴りに行っていて、09-10メッシを引いたまあある程度ゲンがいいところでした。

クレジットがかなりいつものゲーセンとは違うので友人はリーグのみをプレイ。
到着するとコンチの途中でICCは無しという友人的には最悪の状況。
俺がありがたくカップをいただきました。
マンUではリーグ優勝。
背番号チームでPSC,KCC,NSC,CT,JTを獲得。
ミランでTHCを獲得しました。
リヴァプールはお遊び用アカということで基本的には回さないことにしました。
やっぱり4チームは資金的にも時間的にも厳しいという結論です。
まあ3チームは固定する予定(ガナ、フランス、日本)なので必然的にやりたくなった縛り等あれば4チーム目で回すことにはなりますが。
マンUチームはリーグを5勝2分で優勝。
チャールトンとカントナが△っぽいので結構厳しいです。
ただ、カントナとベストは好連携なのでいい感じです。
木曜日はカードが足りなかったためユニ違いのCR7を入れましたが昨日はルイ・サハを投入。

ルイ・サハ、エブラがいるということでマンUの後釜にフランスをやる予定です。
必然的にミランの後釜に日本、背番号の後釜にガナということになります。まああまり早く後釜を決めるとやりたくなってしょうがないのであまり気にせずに行きたいと思いますが。

ミランはTHCだけの獲得になりましたが上記のように今後を考えるといいかなと。
日本は友人と同じタイミングではじめる予定なのでゆっくり進めていきます。
本当はCT,JTはこちらで参戦する予定でしたがちょっとTHCの戦いぶりを見て心配になったので参戦取りやめ。
初戦負けたんですがこれは予定調和というか、GKT.シウバ、CFジダで遊んでいたのである程度予測の上でしたが決勝もガチで言った割にひやひやものの勝利だったので・・・

背番号チームはイサクションが安定してきたためかなりいい感じで戦えるようになってきました。
PSCを2-0.4-0.4-0で無難に獲得。

KCCを3-0.4-0.4-0で無難に獲得。
NSCを3-0で圧勝で獲得。

そのままの勢いでCTへ。
【CT結果】
1回戦1stleg VS ヴェルデ・ドイッチェ 1-0 (WIN)
1回戦2ndleg VS ヴェルデ・ドイッチェ 0-0 (DRAW)
唯一の得点はCKからの得点ということで本当に危なかった。やはりカーンやディフェンス陣は堅い。
こんなチームを俺もやっていたと思うと(全LEだけに俺の方がひどいwww)これまでドイツと当たった方に申し訳なかったです。
準決勝1stleg VS FCエウローペー12 3-2 (WIN)
準決勝2ndleg VS FCエウローペー12 3-0 (WIN)
両試合とも前半から得点し主導権を握るも後半にCR7などに得点を許し1stlegでは接戦での勝利。
アウェーゴールを2点も許してしまったので2ndlegでは3点を最低ラインに戦いましたが無失点で凌ぎ結果6-2で圧勝。
決勝 VS カタマリLGコロガシ 2-0 (WIN)
かの有名なカタマリさんとの決勝になりました。
いつぞやのチームでは敗戦を喫していたので万全の準備を取ろうとしましたが、フォーメーションを変えるのを忘れたためそのまま参戦。前半は中盤の奪い合いに終始しました。ビセンテをエノー、アンニュコフが止めてくれたので助かりました。カカはやはり今Verは弱体化したようでゴディンがしっかりと止めてくれました。まあゴディンはしっかり強いんですけどw
カカは奪われたあとに再度奪ってくる動きがなくなったイメージですね。トーレスもピケとベッケンバウアーがしっかりとマークしてくれました。特にベッケンバウアーは普通のDFなら抜かれるタイミングでもしっかりとインターセプトしてくれるので助かりました。
こちらの攻撃は主にデ・ロッシに止められたためにいいところはほとんど無し。
しかしメデルのタックルを受けたデ・ロッシが負傷退場。これで後半を優位に戦えました。
後半に2点を取り、なんとか優勝。

緒戦から緊張感のある試合ばかりだったので友人共々楽しんでいました。
CPU相手に得点を決めてはしゃいでいる大学生は傍から見たら奇妙だったことでしょう。

さて、やたら長文になりましたが最後にJTの結果を。

VS ロッソ・ネロ・90s 3-1
V.バステンにミドルを沈められましたがファルカオがハットを決めて撃墜。
無事2冠を獲得。

釣果ですがU-23のアルカンタラでした。
うん。まあ。

スターターで当たったミヤイチの方が嬉しかったり。
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。